仕事を辞めたいと思ったら看護師を目指してみては?

公開日:  最終更新日:2015/12/14

誰しも経験があることだと思いますが、仕事を続けていくうちにモチベーションが下がっていき、仕事を辞めたいなと思うのではないでしょうか。

それでも踏み止まるのは、生活をしていく下地が無いからでしょう。よほどの大富豪でもない限り、人は仕事をしてお金を稼ぐしか生きていく方法はありません。社会保障に頼る生き方もありますが、それでは充実感を得ることはできないでしょう。またマイホームのローンや子供の教育資金、老親の介護や面倒を考えるとお金の無い生活は厳しいものがあるでしょう。

こうした背景が仕事を辞めたいと思う心を踏み止まらせるのだと思います。しかし無理して働くことで心のバランスを崩してしまっては元も子もありません。人生においてお金よりも大切な資本は身体です。これを壊してしまっては意味が無いでしょう。

それではどうすれば良いのか。それはズバリ、仕事を辞めたいと思ったら看護師を目指してみれば良いのです。看護師は万年人手不足の職種で、引く手数多の職種でもあります。もしあなたが仕事を辞めたいと思ってもがんじがらめにされる見えない鎖が、看護師にはありません。合わなければ身一つでそこを飛び出し、新天地を目指せばよいだけなのです。

日本には全国大小の病院があります。大きな病院は色々な面で安定しているでしょうし、小さな病院、もしくは診療所であれば地域に根差した活動ができます。その土地の人たちに感謝されながら働くことができれば、それはそれで大きなやりがいへと変わることでしょう。やりがいも仕事を続ける上では大きなモチベーションになりますからね。こうして新たなやりがいができれば、仕事の面だけでなく、私生活の面でも充実するのではないかと思います。

仕事を辞めたいと感じたら、将来性も含めて看護師の道を検討してみましょう。平坦で安易な道ではないかもしれませんが、人の役に立てるという面においてはこれに勝る職業もありません。一考の余地があるのではないかと思いますよ。

PAGE TOP ↑