看護師が行っている仕事の内容について

公開日:  最終更新日:2016/03/29

看護師を目指す人が事前にきちんと理解しておかなければならないのは、看護師の仕事内容に他ならないです。看護師を目指すなら看護師の仕事内容を把握するのは当たり前なのですが、若いころですと何となくイメージだけで憧れを持ってしまい目指すということも少なくありません。それはそれで前へ進むエネルギーになりますから一概にすべてを否定するわけではありませんが、あいまいな把握のまま看護師になってしまうのはあまりオススメすることができないです。看護師を目指すならその仕事がどんなものなのかを正しく理解し、現実と向き合った上で自分の進路を決めていかなければならないのです。

病院やクリニックで目にする看護師の仕事内容は、一言でいえば医師のサポートと医療に関する全般の業務のです。看護師は直接の医療行為が限られているため、メインで治療を行うことはありません。しかし、医療はそれ以外の仕事も山ほどありますので、その部分を担っているのが看護師です。

患者に話しかけて治療前にリラックスさせたり、検査で採血をしたり、病院内を案内したりなど、ある意味医師ではしないようなこともいろいろとしています。病院内には看護師以外にもクラークという主に雑務を担当する職業の人もいますが、そんなクラークとも連携していくのが看護師の役割です。

こうして改めて看護師の仕事内容を列挙してみると、仕事の上でどう立ち回るかがかなり重要になってきます。医療の仕事はすべてが決まりきっているわけではなく、その都度柔軟性が求められる仕事ですのでその臨機応変さが求められています。それがないとアクシデントに直面したときどうしてもあたふたしてしまいますので、それでは仕事に支障をきたしてしまいます。

しかも患者は一人だけではありませんからどんどん効率良くさばいていかなければならず、そういうところではテキパキと迅速な対応が要求されます。ですので、看護師の仕事内容を正しく理解してから目指したほうが間違いはないです。

PAGE TOP ↑