多くの人材を確保することが大事になってくる

良い職場環境を唱える必要が有りますが、医療機関においては看護師になりたいと希望する人は多くいて、それなりに充実した人員配置が可能になるのですが、一定期間勤務したスタッフからは仕事辞めたいと考える人も多いのです。

つまり、十分な人員が補充できるよりなると、それに応じて仕事辞めたいと考える従業員がいるので、そのバランスを調整する必要が有ります。看護師になりたいと考える人は一定量いて、看護学校を卒業する若いスタッフを多く入れればそれなりに人員をカバーする事ができます。

しかし、そこからが問題であり仕事辞めたいと思うスタッフを増やさないようにするため、作業量を一定量に抑えてうまくカバーするスケジュールが必要になるのです。しかし、多くの場合看護師になりたい人より仕事辞めたいと思うスタッフがいるので、その分の穴を埋めるために残業する場合が多いのです。

看護師になりたいと思って学校に通う人も多いですが、その看護師になりたい卒業生の多くは長期的に医療機関に従事するのではなく、仕事辞めたいと考えて休みの期間に入るか、もしくは全く違う職種に就職してる可能性も有るのです。

このように看護師になりたいと思う人をうまく雇い入れ、作業量を一定量にしてうまく環境を整えることが大事です。看護師になりたいとモチベーションの高いスタッフを補充し、仕事辞めたいと考える人を出来るだけ少なくするように現場の状況を考えていく必要が有るのです。

しかし、このような状況がいつまでも出来ない場合仕事辞めたいと考えるスタッフが増えてしまいます。看護師になりたい人より仕事辞めたいと考えているスタッフが多いと、現場の空気も変わってくるため、早めに看護師になりたいと考えているスタッフを多く採用し補充する必要が有るのです。

看護師になりたいと思う若いスタッフを多く確保することが何よりも必要であり、その為に仕事辞めたいと考える割合を減らさなければいけないのです。看護師になりたいと思える人の割合を増やさないと仕事辞めたい人が減らないのです。

PAGE TOP ↑