慢性的に看護師が少ない状況がある

公開日: 

看護師になりたいと考える人が多いですが、その様な人達は実際に現場に入ると、長期的に同じ職場で継続できるかがポイントとなります。

その理由は、慢性的に人が足りない状況になっているので、常に残業をする事になります。時には休日の予定が返上されて仕事に追われることになる可能性も高いのです。

その様な状況なので、実際に現場に配属されて仕事を見習いの状態で続けていても、長期的に同じ職場でやり続けるという事はかなりのストレスになります。

自分で看護師になりたいと要望して職場を選んだので、そのプライドがあるためどうにか継続する人も多いですが、最終的には体調不良を理由に職場を後にする人も多いのです。

ただ、資格を所有していると言うことは、特別養護老人ホームなど高齢者の施設などからも引っ張りだこの状態になるので、結局は同じような職種の仕事をする事になります。

そして問題になっているのは勤務時間が非常に長くなってしまうにもかかわらず、給与がするほど高くない事です。労働の内容からするともっと給与があって良いはずなのに、なぜか少ない給与をずっともらい続ける状況になってしまうのです。

これらを考慮しても看護師になりたいという人は後を絶たないので、どうにかある程度の人員を確保できてる状況に有るのですが、今後はこれらの状況が続くかどうか分からない状況になっているのです。

そんなとことがあるため、より多くの人達が看護師になりたいと考えるようにするためには、給与をアップしたり人員を増やして休みの時間を増やしたりして作業環境を整えていく必要が有ります。

このような声が上がっているにもかかわらず、長期的に改善出来ないのは行政の問題も考えられるのです。様々なニュースが出る中で、今後もこの状況を改善するために努力をする人達がいるのです。

そして、将来的には看護師になりたいと言った人が更に増えて、求人情報を探してもどこも見つからないような状況にまで人員を確保する必要が有るはずです。

PAGE TOP ↑