これからの社会には看護師を増やす必要がある

今やっている仕事に充実感や達成感を感じられず、仕事辞めたいと考えることもあるかと思います。仕事辞めたいと思う方は、昔からの夢を諦めた方も多いのではないでしょうか。

例えば、昔から看護師になりたいと思っていたけれど、看護学校に通わせてもらえなかったという方もいると思います。社会人になってお金が貯まったので看護学校に通うという方も多いようです。激務ではありますが、地方に行っても比較的就職口が多く、安定した収入を得られるという点でも看護師になりたいと考える方は多いそうです。

しかし、看護師になりたいという夢を叶えて、実際に病院などで勤務されている方でも仕事辞めたいと思うことは多いそうです。仕事辞めたいと急に辞める方も多く、実際、看護師の方の転職は多いそうです。人間関係が複雑になりやすい環境と、命を預かるという責任重大な仕事にプレッシャーを感じて仕事辞めたいと思ってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

看護師になりたいと思う方は女性が大半なので、結婚や出産などで一時的に仕事辞めたいと離れるという場合もあります。復職することは案外難しくないので、離職を経てまた看護師になりたいと働く方も大勢いらっしゃいます。

夜勤や一定の休みも無く、仕事辞めたいと感じる場面は多そうな職業ではありますが、自分は役に立っていると直に感じることができる仕事でもあると思います。看護師になりたいと思う方は、看護師さんに優しくしてもらった経験がある方や、苦しい経験をしたから人の助けになりたいと思った方が多いと思います。

実際なってみて看護師になりたいと思っていた時の気持ちとは違う、悩みや現実に直面し、仕事辞めたいと思うことも多いと思います。これからの社会には、看護師になりたいという気持ちを持った若者が増えないと成り立ちません。超高齢化社会を支えていくために、看護師や介護士の数を増やさなければなりません。

看護師になりたいという若者を増やす必要があります。仕事辞めたいと思う若者を勧誘したり、看護師に仕事辞めたいと思われないように福利厚生を整えるのも大切だと思います。

PAGE TOP ↑