看護師の仕事を辞めてしまうのはとてももったいない

公開日:  最終更新日:2015/11/28

看護師さんの仕事が体力的にきつく、夜勤もあって大変であることは周知の事実です。女性ですから結婚もして子供も産んで、という生活を夢見ていても両立が難しくて、あきらめて仕事を辞めたいと思う人も多いかと思います。

気持ちはわかりますが、仕事を辞めたいと思ながらも仕事を続けることは可能であると言いたいです。働いている人で自分のしている仕事を辞めたいと思ったり、転職を考えたりしなかった人はごく少数なのではないでしょうか。自分には向いていない、もっと条件のいい仕事があると、毎日のように考えている人もいると思います。でも、そう考えながら仕事を続けるのです。

こんなことを言うわけは、看護師さんの仕事が女性のする仕事の中でも専門性が高く、お給料もよいからです。試しに求人チラシやネットでの求人を見てもらえばわかるように、ある程度の年になった女性で、特別な技術のない人は正社員になるのはとても難しいのです。多くはパートやアルバイトですので、お給料もしれています。

看護師になるためには専門の学校に通い、何年も勉強したと思います。実習に行き、国家試験を受け、仕事内容を覚え、何度もミスしたり怒られたりしながら仕事を覚えていったのではいないでしょうか。
仕事を辞めたい、と思う理由は人それぞれだと思いますが、1円のお金を稼ぐ必要もない境遇になったからという理由の人はそれはいないでしょう。

どんなに環境が変わってもお金は必要であると言えます。結婚して相手が高給取りであっても、いつリストラされるかわかりませんし、不治の病に倒れることだってあるかもしれません。子どもが生まれれば、やれお稽古だの幼児教育だの、少し大きくなれば私立受験などが視野に入ってくるのではないでしょうか。看護師の仕事は一生ものですから、できれば続けていた方が何かと有利です。
これといった技術や経験がないために、少ない時給で働いている女性は多くいます。看護師であることをあきらめてほしくないと思います。

PAGE TOP ↑