看護師になりたいと思う人が進む道とは?

公開日:  最終更新日:2015/12/25

子供の頃の夢に看護師になりたいという子供も少なくありません。
そんな夢を持ち続けた場合、どのような道に進んで行けば良いのかと言うと、まず、高校進学の際に看護科を併設している高校を選ぶ事で、最短で看護師になる事が可能になっています。この場合、どこの都道府県の高校にもあるとは限りませんが、もし、通学圏内の高校に看護科を併設している高校があれば、進学すると良いと思います。

看護科のある高校の場合、基本的には5年間通う事になっています。5年通うと言っても、高校卒業後、最低でも3年の看護専門学校に通う必要がある事から考えると、1年早く看護師になる事が可能になります。もちろん、卒業後、無事に看護師の資格を取得し、新たに助産師や保健師などの資格取得を目指し、進学する人も少なくありません。

このような最短での道のりで、看護師になりたいと言う夢を叶える人は少なく、多くの場合、高校卒業後、看護専門学校への進学、又は、看護科のある大学への進学を行い、看護師になりたいと言う夢を叶える人が多いかと思います。その場合、看護専門学校と大学との違いにおいては、看護専門学校の場合、通学する期間は3年。しかし、大学の場合は、4年通う事が必要になってきます。

この点において、大きな違いがあり、また、専門学校の場合は、専門学校卒になる事になり、大学の場合は、大卒と言う肩書を持つ事が可能になってきます。
これにおいては、人それぞれの考え方と言う事が言え、どちらが良いかと言う事は一概に言う事は出来ないかと思います。

このように、看護師になりたいという夢を叶えるのであれば、最短の方法が看護科のある高校への進学となり、時間がかかるものの大卒の資格も欲しいと希望する場合は、大学へ進学し4年後、資格を取得すると言う道になってきます。
どちらにせよ、専門的な知識を要する仕事の為、しっかりと学んだうえで国家試験に合格し、晴れて看護師になる事ができると言う事が言えるのです。”

PAGE TOP ↑