看護師になりたいという気持ちが募るばかりです

公開日:  最終更新日:2015/12/26

最近、看護師になりたいなという気持ちがふつふつと湧いてきました。私は製薬会社で働いているので、仕事柄、いろんな病院にセールスに行くことが多いのですが、その先々で出会う看護師さんたちの働きぶりに感銘を受けてしまったのでしょう。私も彼女たちのようにイキイキと働きたい。ダイレクトに人の役に立てるような仕事をしたい。そんなふうに思うようになったのです。しかし、私はもう二十代の後半です。現在の仕事を投げ打って看護師を目指していいのかという躊躇いもあって、なかなか決心がつかずにいました。

そんなときに出会ったのが、一人の年配の女性看護師さんでした。彼女は40代半ばなのですが、勤め先の病院では看護師長を務められており、その慕われぶりは端から見ても明らかで、あんな看護師になりたいと私が以前から憧れている人でした。その方が最近よく相談に乗ってくれているのです。優秀な働きぶりからして、彼女はベテランの看護師さんなんだと私は思い込んでいましたが、先ごろ聞かされ驚いたことに、彼女は三十代半ばに前職を辞めて看護師になったそうです。しかも、その前職が私と同じ製薬会社員だったというのですからビックリです。だから、同じような境遇にある私に親近感を持ってくれているようです。

彼女によれば、看護師の仕事はとてもやりがいがあるそうです。もちろん大変なことは大変なのですが、とても充実感がある仕事だから、つらい気持ちになったりすることなどないそうです。私は彼女の言葉に励まされます。また、彼女は30代半ばからの転職組ですが、看護師は他の仕事に比べて年齢制限がゆるいものですから、彼女と同じように30代40代から看護師を目指す人も少なくないそうです。あなたなんてまだまだ若いわよと微笑みます。年生制限が私にとってはネックでしたが、どうやら看護師の仕事ではまったく気にする必要はないようです。これにも私は大いに励まされました。

やはり私は看護師になりたいようです。彼女に話を聞いてもらうたびに憧れは募るばかりです。近々仕事を辞めよう。そして看護師になろう。最近ようやくその決心がつきました。

PAGE TOP ↑