看護師になりたい子供達を支援しましょう

公開日:  最終更新日:2015/12/03

子供に将来どんな仕事をしたいですかと質問をすると、上位に来る答えが看護師になりたいというものです。特に女の子が、そう答える事が多いかと思います。現代社会では労働が必ずしも誰かの役に立っていると実感できなかったりしますが、この仕事はそうではありません。自分のやっている事が、どう役立っているのかを身をもって知ることができる稀な職種なのです。

この様な夢、目標を持つ事自体は素晴らしい事ですし否定しようとは思いませんが、一方でイメージばかりが先行してしまっているのも否めない現実があるでしょう。現場というのは、想像している以上に大変だったりします。なにせ怪我や病気で苦しんでいる人達が集まっている場所ですから、雰囲気的にはどうしても重苦しくなってしまいます。別に、患者さんがわざとそうしようとしている訳ではありません。体調が良くないのですから自然とその様な感じになってしまうのです。

その様な状況で努めて明るくふるまえる様な人が看護師には向いています。ですから、看護師になりたいという思いが強いのならば、自分がその様な事をするのに向いているかを知っておく必要があるでしょう。もちろん、努力次第でどうにかなるのも確かですが、持って生まれた性格が大きく影響するのも確かなのです。

この頃は学校でも子供達に仕事を体験させようという取り組みを行っている所が増えているそうです。その中には当然看護師というのも含まれていて、将来的に病院やそれに関連する施設などで働きたいと考えている子供なら参加してみると良いでしょう。何事も体験する事は大切です。自分の想像上の病院では無く、実際目で見て触ってという体験を通して初めて理解できる事があるからです。

大変な面ばかり強調してしまいましたが、看護師になりたいと思ってくれる事自体は大変に素晴らしい事ですし、周囲の人も応援してあげるべきだと思うのです。人の役に立ちたいと思う子供達の気持ちを大切にしたいものですね。

PAGE TOP ↑