看護師は大変なので誰もが仕事を辞めたいと思う時があります。

公開日:  最終更新日:2015/12/18

看護師の仕事と言うとどのようなイメージを持つでしょうか?多くの人が持っているイメージはきつくて大変そうといったものでしょうか。
看護師には夜勤があるので不規則な勤務になります。これも慣れなのですが看護師になりたての頃は上手く対応できず仕事を辞めたいと思ってしまう人もいるくらいです。
私も徹夜で勉強したり朝まで遊んだ時は暫く体の調子がおかしかったです。そのような状態でハードな仕事をするのは本当に大変なものだと思います。

しかし人間の体はよくできていて半年もすれば不規則な勤務に対応できるようになります。その頃には看護師の仕事にも慣れてきて責任のある仕事を任せられるようになります。徐々に患者さんの担当をさせてもらえるようになりますが、非常にやりがいがあるのと同時に今まで以上の激務になります。

患者さんも悪気はないのですが病気でイライラして看護師に当たってしまうこともあります。ベテランになりますとそういったことも慣れていますが、新人の看護師にとっては患者さんに何か言われるとショックなものです。
そこで自分はこの仕事に向いていないのかと悩んで仕事を辞めたいと思うこともあるようです。しかし患者さんは心の中では感謝しているケースがほとんどです。看護師がいるから安心して治療を受けることができるわけですからね。

そして看護師になり1年が経過すると後輩ができます。まだ自分のことで精一杯なのに教えてあげる立場になります。自分の仕事をしながら後輩のフォローもしないといけないのでパニック状態になり悩んでしまいます。
このように看護師は仕事を辞めたいと思うことは多々あります。これは他の仕事でも言えることですがミスをしたり上手くいかないと弱気になってしまいますよね。

でも患者さんからありがとうと言われると仕事を辞めたいと思っていたのが吹っ飛んでいきます。こうやって看護師は日々成長し一人前になります。ですから辞めたいと思うことは成長するチャンスでもあるのでそこを乗り越えて誰からも信頼される看護師を目指してください。

PAGE TOP ↑