看護師が仕事を辞めたいと感じる2つの大きな理由

公開日: 

看護師の仕事は肉体的にも精神的にもハードですから、一度は仕事を辞めたいと思った事が大半でしょう。そして実際に仕事を辞めてしまう人も少なくありません。一見安定した職業のようにみえますが、思いのほか看護師の離職率は高かったりします。
医療の現場では慢性的な看護師不足に悩まされており、看護師が求人の少なさに悩むという事はほとんどありません。ですが看護師不足により、一人一人に掛かる負担が大きくなり、また教育に時間を掛けていられないという現実があります。そのためまだ看護師としての経験が浅かったり、技術が不足していても高度な内容の仕事を求められるケースが多くあります。
ですから、仕事を抱えきれず押しつぶされてしまう看護師が非常に多いのです。こうした事が看護師が仕事を辞めたいと思う理由の一つとなります。

しかし、看護師が仕事を辞めたいと思うのは上記のような仕事のハードさだけが原因ではありません。人間関係が原因となっているケースも非常に多いのです。最近では男性看護師も増加しているとは云え、やはり女性が占める割合が多いのが現状です。そうなると起きてくるのが、人間関係による悩みや摩擦です。これは看護師に限った事ではなく、女性の多い職場では問題となる事が多いものです。

中には精神的に病んでしまい、鬱病などを発症して強制的に辞めざるを得ない事まであるのです。仕事のハードさ以上に、こうした人間関係に関するトラブルで仕事を辞めたいと思う方が多い位なのです。どうしたらこうした事態を極力避ける事が出来るのでしょう。それには、まず職場見学をお勧めします。また自分が患者として病院へ足を運んで見るのも良いでしょう。チームワークの良さや病院の雰囲気などから、人間関係に問題があるかないかを判断する手掛かりになります。

もちろんこれで全ての人間関係が分かる訳ではありません。しかし、ただ求人広告を見て就職するよりも、ずっと人間関係のトラブルに巻き込まれる事は少なくなるでしょう。

PAGE TOP ↑