看護師が仕事を辞めたい時に注意すべきこと

公開日:  最終更新日:2015/12/11

看護師の仕事は非常に激務で、日勤と夜勤を繰り返しプライベートの時間も取れなくなることもよくあります。しかし、看護師としてのやりがいや、同年代の方と比べるとはるかに高い収入などメリットが全く無いわけではもちろんありません。ここでは激務や人間関係で仕事を辞めたいとお考えの看護師の方に向けて、仕事を辞める際の注意点について見ていきましょう。

まず注意すべきなのは再就職先との収入の差です。看護師の仕事は夜勤手当てなど様々な手当てが多く、また賞与も多いのでその他の業種に比べるとはるかに高い給与をもらえることも多いです。しかし、一度辞めてしまい一般職に転職してしまえば当然収入は落ちてしまうことが多いので、特に結婚されている方やローンを支払っている方は、収入が減ることで生活そのものが変わってしまうこともあるので注意が必要です。

また仕事を辞めたい時には再就職の可能性についても注意して下さい。看護師の仕事は非常に高度なものなので、再就職を考えてもすぐには出来ないこともあります。特に専門分野の場合には現場の変化するスピードも早いので、ブランクが大きなハンデとなることもあります。そのため一時の感情で仕事を辞めたいと考えても、せっかくの看護師としてのキャリアを無駄にしてしまうことになるので、仕事を辞める際には相応の決断が必要です。

このように看護師の仕事は激務である分収入面では非常に優遇されているので、それらを前提にローンを組んだり人生設計をしていると、一気に計画が狂ってしまうことになります。またこれまで身につけた医療現場でのスキルは市場価値が高く、これからもより高い収入を得られるチャンスでもあります。もちろん仕事よりも自分の身体の方が大事なので、夜勤など身体を酷使する働き方で本当に倒れてしまっては元も子もありません。しかし、仕事を辞めたいと考えた際にはぜひ一度これらのデメリットや、辞めた後のメリットを考えた上でご決断下さい。

PAGE TOP ↑