看護師が仕事を辞めたいときとは?

公開日:  最終更新日:2015/12/28

看護師として仕事をしていると、いろろな事情で仕事を辞めたいと感じることがあるのではないでしょうか。とくにナースは忙しく働くことが予想されますし、肉体的に大変な仕事の場合もあるのです。ほかの仕事ももちろん大変ですが、看護師の場合は、さらに精神的な疲れを感じて職を離れたいと思うこともあるのではないでしょうか。

看護師が仕事を辞めたいと感じる時は、どのような時なのでしょうか。ある人から聞いた話だと、高校時代の友人と会うときに、きれいな爪をしていたりお洒落な服装をして居るのを見ると、うらやましくなって、仕事を辞めたいと思うことがあるそうです。

たしかにネイルアートや長い爪は、仕事に支障が出るのでNGになります。最先端のおしゃれな服装も時間がないとなかなかできません。帰ってすぐに寝るという生活が続くのです。これは女性ならではの悩みになるのかもしれませんが、収入があっても時間がなければ、リフレッシュできないことが予想されます。

さらに、まとまった休日がしっかり取れないときに、仕事を辞めたいと思う看護師さんも少なくないでしょう。どうしても休みに日は寝てばかりで、疲れを取るだけの毎日になると、嫌気がさしてしまうこともあるのです。急に積もりつもった不満が爆発して辞めたくなるときもあるのではないでしょうか。

看護師のなかには、貯金がたまったらやめてしばらく旅行に行くケースもあります。ほどよく楽しんだら、復職することがしやすいのも看護師のメリットになるのです。前回とはまったく異なった環境で働けたら、より充実した毎日が送れるのではないでしょうか。

このように、看護師が仕事を離れたいと思うときは、いろいろな場面があるのです。忙しすぎてストレスがたまったときに、感じやすくなると言えるでしょう。適度なリフレッシュと休息が必要になってくるでしょう。また、看護師は新しい職場を見つけやすいからよけいそのように感じる部分もあるのではないでしょうか。

PAGE TOP ↑