看護師の仕事を辞めたいと思う人が考えるべきこと

公開日:  最終更新日:2015/12/10

看護師と聞くと非常に華やかな職業を思い浮かべるかもしれません。確かに患者のケアを行う看護師は素晴らしい職業の一つです。しかし実際は重たいものを持ったり、夜勤や休日出勤があったりと、かなりハードな職種でもあります。このような状況により、看護師の仕事を辞めたいと感じる人がいるのも事実です。

しかしせっかく訓練を受けて看護師という特殊な仕事に就くことができたわけですから、この仕事をあっさりと諦めてしまうのはもったいない話です。そこで看護師の仕事を辞めたいと感じた人は、他の職場に移動することを考慮できます。

医療機関の中には入院患者をケアするために、そこで働く看護師に夜勤が求められることがあります。そして夜勤が体に合わないために、看護師としての仕事を断念せざるを得ないという人がいるかもしれません。しかし医療機関の中には夜勤がない職場もあります。入院患者を抱えない医療機関のほとんどは看護師が夜勤を行うことはありません。そのため夜勤がきついと感じる看護師はこのような職場に移動することを考慮できます。

また休日出勤に関しても同様です。求人募集の広告やウェブサイトを見てみると、休日出勤なしや残業無しを掲げている医療機関があることに気づきます。このような医療機関で働くなら、オーバーワークを避けることができます。また休日に友人や家族と時間を過ごすことも可能であり、リラックスしたひと時を楽しむことができます。

また結婚や出産を機に看護師としての仕事を辞めたいと感じている女性もいます。こうした状況は家族を世話するために更なる時間を必要とするからです。しかしこうした状況を考慮してパートタイムの看護師を募集している医療機関もあります。このような場所で働けば労働時間を短くすることができ、仕事と家庭を両立することが可能となります。看護師として働くことを諦める前に状況を考慮し、自分に合った職場を見つけることを心がけるべきです。

PAGE TOP ↑