昔に比べ看護師の仕事内容も変化しています。

公開日:  最終更新日:2016/03/22

看護師の仕事内容は現在も決して楽なものではありませんが、昔に比べると肉体的にも精神的にもかかる負担は軽減しています。以前は看護師が行うまでもないような雑用も行っていたので大変でした。しかし現在はホームヘルパーの充実によって役割が分担され本来の医療業務や看護業務に専念できるようになってきました。
そして男性の看護師が増えたことで以前よりは人材不足が改善されたことも負担が軽減された要因です。現在は主に注射や採血などの医療業務と看護師という名前の通り患者さんの看護をする看護業務になります。
採血は看護師以外にも医師や検査技師も行いますが、一番腕が良いと言われているのは実は看護師です。採血は経験が長いほど上手くできるようになるので新人の頃は思うようにできないかもしれません。採血が上達してくると看護師として成長したと実感できるようです。
そして病院によっては点滴の投与も看護師の仕事内容に含まれます。採血に比べて針が太いので難易度が高くなります。こちらも経験がものを言いますので最初は上手くできなくても心配いりません。
看護師は全員が患者さんの役に立ちたいと思っています。ですからできるだけ患者さんの苦痛が少なく行えるように常に努力しています。その思いが強いので一番採血の腕が良いと言われているのかもしれません。
そして看護業務は医師のサポートをしたり患者さんに何か変わったことがないかを迅速に確認します。歩くことができない患者さんを車いすで移動することもあります。こちらも本来ならヘルパーが行う仕事ですが看護師は臨機応変に様々な仕事を行わなければいけません。
医師やヘルパーなどと協力することで患者さんを安全に看護することができるわけです。看護師の仕事内容は幅広いので覚えるのは大変ですが他の仕事と同様に半年から1年働くことによってほぼ完璧に覚えられます。
新人の頃は先輩看護師が確りサポートしてくれるので安心して働くことができます。また研修制度も確りしており、日に日に成長していくのが実感できます。最初は大変だけどいつの間にか一人前の看護師になっています。

PAGE TOP ↑