看護師とその具体的な業務内容

公開日:  最終更新日:2016/03/08

看護師の仕事内容は、多岐に渡ります。具体的にどのような仕事内容になるかは、正直一概には言えない一面があります。なぜなら、勤務する病院によって看護師の仕事内容も大きく異なるからです。
ほとんどの病院では、基本的には患者の面倒を診るのがメイン業務になります。日々多くの患者が病院に来るので、看護師が受け付けをしている事もありますし、病院の案内をしている看護師も多いです。
そして病院によっては、看護師が会計業務を担当している事もあります。病院で診察を受けた場合は、もちろん患者としては診察料を支払うことになる訳です。
そして誰がその会計を担当するかは、病院によって色々と異なります。医療事務の方が会計業務を担当している事もあれば、看護師がその会計を担当しているケースもある訳です。
そして小さな規模の病院の場合は、会計業務を看護師の仕事内容の1つになっているケースが目立ちます。小さな病院では、看護師は非常に幅広い仕事を行っている事が多いからです。
そして検査の場合も、やはり病院によって異なる状況です。看護師が検査を行っている病院もあれば、あくまでも専門の検査担当の方がそれを実施している事もあります。
このように病院によって、看護師の仕事内容もそれぞれ異なっているのが現状です。一般的には大きめな病院では、看護師はごく限られた仕事を行っているケースがほとんどです。あまり幅広い仕事を担当せずに、ごく限られた仕事を行っているケースが目立ちます。逆に街の小さな病院の場合は、むしろ看護師が幅広い業務を担当している事が多いです。ですので冒頭で申し上げた事が成り立つ訳です。
ただ最近では、看護師の業務内容も多岐に渡ってきている傾向があります。一部の病院では、看護師に医療行為を任せようかという議論が浮上している事もあるからです。現に現在でも一部の病院では、看護師が診療を行っているケースもあります。
そして医療行為は、やはり高いスキルが求められる傾向があります。ですので今後は、看護師には高いスキルが求められる可能性もあります。

PAGE TOP ↑