現場の仕事量を一定量以下に抑えるように

特定の期間医療に従事していると、看護師になりたい人よりも仕事辞めたいと考える人が増えてくるのです。その理由は看護師の現場においては仕事の量が非常に多いため、それについて行けずに辞めたいと考えてしまう人それなりにいるのです。

この主語と辞めたいと考える人が一定量いるのに対し、看護師になりたいと考えている若い人達も多いのです。そんな事から、多くの看護師を確保する為に、看護師になりたいと思っている人を多く受け入れる医療機関が多いのです。

ただ、どのような現場においても過酷な条件となるので看護師になりたい人より仕事辞めたいと考える人もどんどん増えてきま。つまり、常にスタッフの入れ替えがあるため作業量を維持することが難しかったりします。

看護師になりたいと思う人は、より多くの人の役に立ち社会に貢献できると思って就職するのですが、長期的にその様なモチベーションを維持することは難しく常に残業に追われる状況になるため仕事辞めたいと考えるのです。

その様な状況に有るため、看護師になりたい人より仕事辞めたいと思う人がどれくらいいるのかにより現場の状況が変わってくるのです。看護師になりたいと思う人が多ければその分だけ、仕事辞めたいと思う人が増えるようになり、全員が常に増えていかない状況に有ります。

これを改善するためには、現場の仕事量を抑制する事が大事です。しかし毎日の作業を減らすのは難しく、このあたりも看護師の作業になり、常に仕事辞めたいと考える人が増えてしまうのです。

これは奥手の医療機関に限ったことではなく、大きな総合病院から老人養護施設など全ての医療機関において同様な状況が見られるのです。看護師になりたいと思って毎日がんばる人もいれば、その作業の多さに仕事辞めたいと思ってしまう看護師もそれ相当にいます。

この仕事辞めたいと思う人がどれくらい増えるのかによって、医療機関の人員不足が悪化してしまうのです。それなりに良い報酬が得られる医療機関もありますが、その分だけ過酷な仕事内容となっている可能性が有り、そうなると看護師になりたい人より仕事辞めたいと思う人は一層増えるのです。

PAGE TOP ↑