職場環境を整えていくために必要な事

多くの人がやってみたいと思う仕事は人気が集まる傾向にありますが、看護師になりたいという人は多いのです。そして医療機関においても求人募集が非常に多いので就職するのも簡単なのです。

ですが、問題はここからで看護師になりたい人が一定量いる中、仕事辞めたいと思っている人も多いのです。そんな事がある貯め、求人募集で看護師になりたいと思う人を集めても、すぐに主語と辞めたいと考える人が一定量いるため、人員が不足気味になります。

このようになってしまうのは、職場の環境が影響しています。仕事辞めたいと思う理由は、残業が非常に多くて休みが取れないのです。看護師になりたいと希望がある状態なら勤務時間が長くても耐えることが出来ますが、これが長期にわたると相当なストレスになります。

このストレスが影響し、仕事辞めたいと考えるスタッフが常にいるのです。看護師になりたい人をある程度補充しても、常に仕事辞めたい人がいて、必要な人材が確保できないと、残業をするスタッフが必ずいるのです。

このように看護師になりたいと思う人をうまく確保できても仕事辞めたいと考えてしまうスタッフを抑えることが出来ないのです。これは看護師になりたいスタッフをある程度確保出来るはずなので、その職場環境の勤務時間を調整するのです。

人員が足りないので残業が増えると考えれば、看護師になりたい人を確保するだけで、仕事辞めたいと考える理由の一つを回避できるはずです。しかし、求人募集を長期的に出していても看護師になりたい人をある程度詰めることが出来ないのです。

これは仕事辞めたいと考える人がある一定量いる事が分かっているため、過酷な労働条件となる医療機関の仕事内容を気にする人が多いのです。つまり仕事辞めたいと思う人が多い職場環境を嫌う傾向にあります。

このような状況があるため看護師になりたい人をいかに集めるか、そして仕事辞めたいと考えないようにするため、より良い職場環境を作る必要が有るのです。

PAGE TOP ↑